« 加藤寿一 (1969年生)1 | トップページ | 呉大陸6 »

2015年10月 3日 (土)

加賀見健介3


来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年となった1995年からサッカーを始め、地元のマリノFC[1]に所属し[2][3][4]、小学5年生の時には神戸NKサッカークラブ(現?センアーノ)[5]に所属していた[2][3][4]。

2001年、中学からサッカー留学し、仙台市立八乙女中学校に通いながら、神戸NKの監督の勧めで[6][7][8]FCみやぎバルセロナのジュニアユースに所属し練習に励んだbeats ヘッドホン-ナイキ レブロン133][9]。この時期、ナショナルトレセンやU-15日本代表にも選ばれている[2]。

2004年、宮城県黒川高等学校(土木科)に進学し、高校1年生の時に日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会に出場[4][10]。2005年9月、高校2年生の時にU-18東北代表(清水秀彦監督)に飛び級で選出され、仙台カップ国際ユースサッカー大会 (U-18) にボランチとして出場し[11]、MIPの1人に選ばれた。

セレッソ大阪[編集]

2005年12月18日に地元に近いセレッソ大阪と仮契約を交わした[2][12]。年が明けて2006年にC大阪に入団し、C大阪と業務提携しているウィザス高等学校(通信制)に転校した[2]。高校卒業前の選手がプロ契約を結ぶのは、Jクラブのユース所属選手がトップチームに昇格した場合を除くと史上初だった。同期入団はセレッソ大阪U-18からトップ昇格した柿谷曜一朗。2006年は出場機会がなかった。

« 加藤寿一 (1969年生)1 | トップページ | 呉大陸6 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2061079/61886506

この記事へのトラックバック一覧です: 加賀見健介3:

« 加藤寿一 (1969年生)1 | トップページ | 呉大陸6 »

無料ブログはココログ