« ヴィニシウス-アパレシド-ペレイラ-デ-サンタナ-カンポス1 | トップページ | 喜多健二3 »

2016年2月12日 (金)

森田浩史4



2008年12月、カターニアが森本との契約を2011年6月末まで延長したことを発表[2]。2008年最終戦となる12月24日のホームでのローマ戦では初のドッピエッタ(1試合2得点)を達成。マンオブザマッチに選ばれ、その節のベストイレブンにも選出された。2009年最初の試合となったアウェーでのナポリ戦では、前節での活躍から初めてキャプテンを任されたが、試合には1-0で敗れた。2月8日、ホームでのユヴェントス戦で1得点を挙げた。日本人選手でユベントスからの得点は、元日本代表の中田英寿以来[3]。3月1日、アウェイでのパレルモ戦(シチリアダービー)では前半だけで1ゴール、1アシストの大活躍を見せた。結局、このシーズンはリーグ戦23試合出場で7ゴールを記録し、飛躍の年となった。

2009-10シーズン開幕戦の2009年8月24日のサンプドリア戦では自身2度目となる開幕戦ゴールを記録。カターニアでの活躍が認められ9月のオランダ遠征でA代表に初選出されたが、左太ももの違和感のため辞退した。翌月には再び日本代表に選出され、10月10日のキリンチャレンジカップ?スコットランド戦で代表デビューを果たした。続く10月14日のトーゴ戦では代表初スタメンとなり、相手DFを背負いながら反転してシュートを決めて代表初得点も記録した。しかし、その後はチャンスこそ作るものの決定機でシュートをGKに当ててしまうなどスランプに陥り、クラブで4ヶ月得点が奪えず冬に加入した元アルゼンチン代表FWマクシミリアーノ?ロペスにスタメンを奪われ出場機会が減った。2010年6月に南アフリカで行われた2010 FIFAワールドカップの日本代表メンバーに選出されたが本大会での出場機会はなかった。

« ヴィニシウス-アパレシド-ペレイラ-デ-サンタナ-カンポス1 | トップページ | 喜多健二3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2061079/63913285

この記事へのトラックバック一覧です: 森田浩史4:

« ヴィニシウス-アパレシド-ペレイラ-デ-サンタナ-カンポス1 | トップページ | 喜多健二3 »

無料ブログはココログ